生木のこと

コナラの断面

伐ってから間もない木(生木)は内部に水分がたっぷりですごく重いのです。
チェーンソーで不定形にカットした木を旋盤にセットし、
くるくる回しながら刃物で徐々に丸くしていく。
うちの旋盤が脆弱ってこともあるのだけど、
このとき毎回のように旋盤がバタバタ動いて木と取っ組み合いする事態になるわけで。
重いものを旋回させると軽い機械では動揺してしまう。
丸くなってくるにつれてバタバタは収まる。
乾燥した木は軽いからそんな荒々しい野生は残ってなくてすんなり器になります。
生木の器づくりは暴れ馬を馴らすかのごとく、です。
削り屑もハンパな量じゃない。哀れほとんどがゴミになる。
ほんとは入れ子のように器を取る方法もあって、それには専用の刃物が必要。
苦闘しつつ器になった木をみると、なんか良いなあといつも思います。
乾燥済みの木ではあまり思わないけど。

乾燥中の木の器

IMG_8647

カテゴリーki