生木の器の乾燥

クルミの木の器乾燥中

あけましておめでとうございます。

昨日は器ひき始めから雨と、今年の木の器づくりの波乱(?)を予感させる一日でした。

この時期雪より雨のほうが寒さを感じます。

窓枠やドアの隙間とか、部屋の防寒対策をやろうかと考えていたものの、今年の冬の暖かさでは不要かなとも思う。

クルミを何個かひき、工房に置いておくより家のほうが乾燥によさそうに思ったので持ち帰る。

水分が蒸発しているのか、ひきたての器から「ぷちぷち」と音がします。

いつものようにしばらく乾燥させて変形が終わってから底を仕上げます。