ジョージ・ピーターソン

木の器の本

インスタグラムで海外のウッドターナーのページをのぞいてみると、凄く独創的な手のこんだ作品ばかり。

そしてウッドボウルは厚みのあるどっしりした作風が多いようです。

日本人がつくると、薄づくりの繊細な器ができる印象。

生木の器だと薄くつくらないと割れてしまうのですが、こういう分厚い安定感のある器も良いなと思います。