エゾマツの酒器試作

waranoueフェイスブックページの『これもおすすめ』欄にウッドターナーのGlennLucasのページが表示された。あらら、ちゃんとページがあったのね。ちょこちょこ見て勉強しよう。

二日続けて木に携わる職人さんの工房へお邪魔。モノづくり現場らしい現場をまじまじと目にしたのは、一関のサハラガラスパークとか南部せんべいぐらいじゃないか。それぐらい人が真剣になにかを作っているところを見たことがなかった気がする。

某所からエゾマツをもらって(借りて?)器をつくっていた。針葉樹はべたつく物質ヤニが出るから、オイル塗っただけの食器としてはまったく向かないと思っていた。案の定ヤニが結構内蔵されていてメタメタする。そこで草花に合うような形の器をつくってみた。

持ってきた方も言っていたのだけど、インスタグラムで素晴らしいアイデアを教えてもらった。脂の匂いを楽しむ酒器にしたら、とのこと。酒器かあ。ぐい呑みとかか。むむむと思案しつつ何個かやっていた。