ペケ

前のときとは何かしら状況が違うかもと前のときみたいにやってみると、当然のようにペケが出るとさ。気づきやレベルアップなんてものはなくて、ダメということが再確認される。それは進歩でないようで進歩だったりするのかな。バフかけても切れないね。クルミはやわくて刃がキレキレでないと毛羽立ってペーパーかけまくり。

今日は工房のマル秘スペースにしまってあった板や角材を数本引っ張り出し、生木の端材を入れる棚を作った。作ったというか、作りかけで終わったけど。こんな労力かけるより、木の杭でも打って針金巻いた囲いでも作ればいいのかもしれない。無駄なことしている気もする。

ブナ10m

森林組合の兄さんに、5cm角で10mのブナ乾燥材500本あると聞き、じゃあ全部買う!とその気になったリアルな夢を見た。10mというところと、全部買う金がどこにあるかという突っ込み感だけが残る。いっぱい欲しい欲張りが出た。

ヒュシ???

昨日、先日伐ったKさんちの木を取りに行くと、近所のおじいさんがてくてく歩いてきた。伐った木の種類が判らなかったので訊いてみると…「これはヒュシという木」とのこと。ヒュシ???初耳。聞き間違いかと思い何度も訊いたのだが、ヒュシという木だと。なにやら日本より西のアジア圏の響きがそこはかとなく感じられる名である。いろいろ聞いてるうちに「クルミだな」ということで落着したのだが。おじいさんもよく判らないということだったよう。

お椀の高台に凹み

ミズメ?

高台変更

イヌザクラと思っていたけどミズメにも思えてきた。どちらかなのは間違いないと思う。赤身が淡いオレンジ色で緻密で硬い。

木のサイズや節具合に応じて、ベビーボウルとお椀とに分けてひくことに。お椀は高台に溝というか凹みをつけた。これは最近よく指摘される点で、高台の底が平らだとつるんと手からすべり落ちてしまうと。既製品とまでいかずとも、ちょっと指先がかかる程度に凹みをつけた。