木の器の取扱い

食卓に木の器が加わるといつもと違う雰囲気に。お手入れはときどき表面にサラダオイルを塗るだけ。

—————————-

*オイル仕上げ*

ウレタンでコーティングされた木の器と違うのは、使い込むほど味わいが出ること。

「濡らしたまま放置しない」など、すこし気をつけてあげれば長くお使いいただけます。

最初はサラダドレッシングやパン皿として使ったり“軽い”使い方から。徐々に油の強い料理や汁っぽいものにも使えるようになります。

普通に使えて経年変化も楽しめるのがオイル仕上げの木の器の特徴です。

—————————-

* 使いはじめ*

オイル仕上げの木の器は料理の油が自然な味わいになります。

最初から油の強い料理に使うのではなく、サラダなどを盛りつけてドレッシングでなじませる、くらいの使い方からはじめるのがおすすめです。染みがつきにくい器になります。

パンやお菓子類の場合は、そのままお使いいただけます。

—————————-

* お手入れ*

木の器の表面がカサカサ乾燥してきたら、 サラダ油やオリーブオイルを器全体に塗り、 余分な油をキッチンペーパー等で拭き取ってください。

—————————-

* 洗い方*

パンやお菓子類などのちょっとした汚れはぬるま湯で洗い、 水分を拭き取ったあと、籠に立て掛けたり風通しのよい場所に伏せておき、しっかり乾かします。

強い汚れには薄めた中性洗剤をご使用ください。

—————————-

* ご注意*

・ 長時間水に浸しておくことや煮沸消毒は避けてください。
・ たわしやスポンジ等によるこすり過ぎにはご注意ください。
・ 電子レンジや食器洗い乾燥機の使用は避けてください。
・ 直射日光に当てないでください。
・ 冷蔵庫に入れて保管しないでください。

—————————-

商品は自然木ですのでご使用いただくうちに ヒビ、割れ、変形等が生じることがあります。

かんたんなお手入れと取り扱いに注意していただくことで 清潔に長くお使いいただけます。