バタオ

白鳥

手前、ジタノバタオと申す。直線をいくようで道草し放題。まっすぐ走れていない放題。木が枝分かれするようにあっちで行き詰ったらべつの方向に枝なり葉を繁らせたいもんだ。同じ根の違う葉や枝。器やったり山をぶらぶらするバタオ。