若者のすべて

『若者のすべて』を観たんだよ。古い。てつおの言葉が響く。手の汚れが取れないてつお。昔はよかったなーなんてジジイみたいなこと言うなと。

昔のドラマって平然とタバコポイ捨てしたり普通にぶん殴ったりでなんかいいよな。あの反社会性というかあの頃はそうは感じられなかった感覚が消えてからつまらなくなった。

森の生活

目覚めているひとはほとんどいないとソローが書いてる。どうりで眠いわけ。

どうでもいいことにあらんかぎりの情熱を注いだところでどうでもいい結果が待っている。プロセスまでどうでもよかったらもう全部がどうでもいいことになっちまうとしたら残念すぎる。

体験だったり表現したいひとは沢山いる。結果の部分だけ欲しいひとはどんどんいなくなっていくのではないかと、埒もないことを思うのだった。

メガネくんとりん

たまにはメガネくんと。