反対側

早川謙之輔『木工の世界』

本を読まなくなったのはなんでだろ。数年かけて本棚の本何順かしてそれからほとんど読む気なし。たまに読むのは昔読んだ本、昔書かれた本。小説ほぼ全滅。

とかく木の器に絡めがちだけど、アタマの中であれこれ考えるのはもういいや、ということで木の器にのめり込んできたと思える。本はアタマの中だけのことで価値が薄い気がした。木を加工したりは反対側のことだったから本いらね、となったのだと思う。

でも横尾忠則の新しい読み物は読みたいなあ。

カテゴリーhon